定例会議の開催概要 令和2年3月11日

公安委員会定例会議の開催概要

第1日時

令和2年3月11日午後1時00分~午後5時05分までの間

第2個別会議

1決裁事項

(1)運転免許取消対象事案について

運転免許取消対象事案について、審議の結果、70件の行政処分を決定した。

(2)令和2年度の留置施設に対する実地監査計画及び実施要領について

全留置施設を対象に、留置施設の管理運営状況、被留置者の処遇状況等を監査項目とした実地監査を行う旨の上申があり、可として決裁した。

(3)指定暴力団九代目酒梅組の第10回指定に係る国家公安委員会に対する確認請求について

九代目酒梅組は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第3条各号のいずれにも該当することから、同組織を指定暴力団として第10回の指定をするにあたり、国家公安委員会に確認請求を行う旨の上申があり、可として決裁した。

(4)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反に基づく代行聴聞結果及び行政処分の決定について
ア風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風適法」という。)に基づく行政処分1件(営業時間制限違反)について、審議の結果、風俗営業及び飲食店営業の停止(停止期間40日)を決定した。
イ風適法に基づく行政処分1件(条例の遵守事項違反(卑わい行為))について、審議の結果、風俗営業及び飲食店営業の停止(停止期間2月)を決定した。
ウ風適法に基づく行政処分1件(未成年者に対する酒類提供禁止違反)について、審議の結果、飲食店営業の停止(停止期間3月)を決定した。
(5)不服申立てに対する裁決について
ア運転免許取消処分に対する審査請求事案

運転免許取消処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。

イ運転免許効力停止処分に対する審査請求事案

運転免許効力停止処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。

ウ運転免許証交付処分に対する審査請求事案

運転免許証交付処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法に基づき適正に行ったものであることから棄却とした。

エ反則告知に対する審査請求事案

道路交通法第126条に規定する反則行為をした者に対する告知についての審査請求事案1件について、審査の結果、行政不服審査法に規定する処分に該当せず不適法であることから却下とした。

(6)特例施設占有者の指定について

遺失物法第17条に規定する特例施設占有者の指定について、1件の上申があり、可として決裁した。

(7)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反に基づく6月以上の営業休止に係る行政処分の決定について

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「6月以上の営業休止」に係る行政処分1件について、風俗営業許可の取消しを決定した。

(8)警察職員の援助要求について

警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求1件について、可として決裁した。

(9)交通規制の実施について

3月中に実施される車両通行止め、一方通行等129か所の交通規制について上申があり、可として決裁した。

(10)意見要望の受理等について
ア苦情1件について調査結果の報告があり、審議の結果、回答文を決定した。
イ苦情2件について受理報告があり、審議の結果、事実調査を指示した。
ウ意見要望44件について受理報告があり、審議の結果、それぞれ処理方針を決定した。
(11)行政文書公開請求の決定について

大阪府情報公開条例に基づき、当公安委員会に対してなされた行政文書公開請求1件について、審議の結果、処理方針を決定した。

2報告事項

(1)大阪ガス株式会社との協定の締結について

大阪ガス株式会社と大阪府警察が相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを推進するため、官民連携による「安心・安全まちづくり」に関する協定を締結する旨の報告があった。

(2)阪神高速大和川線全線供用に伴う交通対策の概要について

令和2年3月29日、阪神高速大和川線の全線供用開始予定に伴う各種交通対策について報告があった。

(3)運転免許取消処分の執行停止申立却下決定に対する抗告事件の終結について

大阪高等裁判所に抗告されていた運転免許取消処分の執行停止申立却下決定に対する抗告事件2件の終結について報告があった。

(4)運転免許の有効期間の延長措置について

新型コロナウイルス感染症の影響により、通常の更新手続が困難な者に対する運転免許の有効期間の延長措置について報告があった。

(5)集団示威運動等に係る専決事務処理状況について

2月25日から3月1日までの間に受理した集団示威運動等の許可申請に係る専決事務の処理状況について報告があった。

以上