定例会議の開催概要 令和2年4月30日

公安委員会定例会議の開催概要

第1日時

令和2年4月30日午後1時40分~午後4時20分までの間

第2全体会議

委員長発言要旨

  • 子どもが拾得した現金の着服事件が大きく報道された。このような事案はあってはならないことで、府民の警察に対する信頼を著しく損なうものであり、極めて遺憾である。こうした重大な事案については、それまでに問題視される行為があるなどの予兆があるのではないかと思われるので、そうした点を把握し、大きな問題の発生を未然に防止すべく、組織的なチェック機能を強化し、徹底した対処をお願いしたい。

1審議事項

なし

2報告事項

(1)特殊詐欺事件被疑者の検挙について

標記事件につき、捜査第二課、捜査共助課及び東淀川警察署が、4月14日に被疑者1人を検挙し、また、捜査第二課及び機動捜査隊が、4月21日に被疑者1人を検挙した旨の報告があった。

委員発言要旨
  • 特殊詐欺の被害の抑止に向けて、今後もあらゆる捜査手法を駆使して、事件検挙に努めていただきたい。
(2)大阪府新型コロナウイルス対策本部会議について

4月22日、大阪府庁本館において開催された「大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」の結果について報告があった。

委員発言要旨
  • 検査体制が拡充されつつあるが、引き続き職員の感染防止と業務を継続しうる体制の確保には万全を期していただきたい。また、新型コロナウイルスに関連する犯罪に対しても、的確な対応をお願いしたい。

第3個別会議

1決裁事項

(1)不服申立てに対する裁決について
ア運転免許取消処分に対する審査請求事案

運転免許取消処分の取消しを求めた審査請求事案2件について、審議の結果、当該各処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから、いずれも棄却とした。

イ運転免許効力停止処分に対する審査請求事案

運転免許効力停止処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。

ウ行政文書の部分公開決定処分に対する審査請求事案

行政文書の部分公開決定処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、大阪府情報公開審査会の答申の報告があり、審議の結果、答申を尊重し、棄却とした。

(2)特例施設占有者の指定について

遺失物法第17条に規定する特例施設占有者の指定について、2件の上申があり、いずれも可として決裁した。

(3)警察職員の援助要求について

警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求1件について、可として決裁した。

(4)意見要望の受理等について
ア苦情1件について受理報告があり、審議の結果、事実調査を指示した。
イ意見要望20件について受理報告があり、審議の結果、それぞれ処理方針を決定した。

2報告事項

(1)監察案件について

監察案件について報告があった。

(2)運転免許取消処分の再処分について

運転免許取消処分の再処分について報告があった。

(3)生活安全部主管に係る3月中の専決事務処理状況について

3月中における生活安全部主管に係る専決事務の処理状況について報告があった。

(4)交通部主管に係る3月中の専決事務処理状況について

3月中における交通部主管に係る専決事務の処理状況について報告があった。

(5)集団示威運動等に係る専決事務処理状況について

4月13日から4月19日までの間に受理した集団示威運動等の許可申請に係る専決事務の処理状況について報告があった。

(6)警察職員の援助要求について

3月18日の公安委員会会議で決裁した警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求について、新型コロナウイルス感染症の拡大等を防止するため、一部が取消しとなった旨の報告があった。

以上